結婚式での晩酌人の選び方

ビル

二人の結婚の意思が固まり、結婚式を挙げることとなったとき、晩酌人をたてるかどうか迷うことがあるでしょう。
お見合い結婚が多かった昔の時代は、結婚相手を紹介した人が結納などにも同席し、晩酌人として結婚式に出る場合が多かったようです。
最近は恋愛結婚が多く、婚約から式場探し、当日の結婚式までをすべて本人同士で決めていく場合がほとんどですので、その役割が少なくなってきています。
ただし、政治家や地方の名士の息子さんなどと結婚する場合や、親族の意向などで晩酌人をたてるということもあるでしょう。
結納などの両家が顔をそろえる場では、その間を取り持つ方がいてくださると安心ですし、結婚までを見届け、そのあとも何かと相談にのってもらえる存在があると心強いでしょう。
二人の会社の先輩にあたる方や、大学時代の恩師など、二人のなれそめについてよく知っている方や、信頼できる方を選ぶのがおすすめです。
式の3か月前ぐらいには依頼し、お互いの両親との顔合わせ、式が終わった後のお礼なども必要でしょう。
また、結婚後も3年ぐらいは近況報告をしたり、お中元、お歳暮などを贈るなど、感謝の気持ちを伝えていくといいでしょう。

追加費用の心配のない二次会代行
パッケージプランとなっているので後からの追加料金もなく、他社よりも低価格で二次会代行を依頼できます。

大阪のスタジオゼロでは理想の結婚写真の撮影ができます

関連ページはコチラ

ほほえむ女性

結婚式における晩酌人の役割

結婚式における晩酌人の役割について紹介します。
晩酌人とはいわゆる仲人さんの事です。

葉っぱ

結婚式の晩酌人という重たい役目

結婚式という場において、晩酌人というのは極めて重責を負う重労働職です。
昔の結婚を扱った小説で

ほほえむ女性

私の結婚式での晩酌人選びについて

私は今から約25年前の24歳の時に妻と結婚しました。
妻とは同じ会社の職場で出会い、約3年の交

髪を掻き上げる女性

医療界の結婚式の媒酌人

私は病院で勤務しています。
私は医者ではありませんが、上司が医者という部署なので、結婚式の晩酌